女子高校生が脱毛サロンで施術を受けるメリットと注意点

女性高校生脱毛

高校生といえば思春期真っ只中、ムダ毛に関する悩みにも人一倍敏感になる年頃です。
気軽に利用できるカミソリで肌表面に生えているムダ毛を剃ることはもちろん、ワキなどの濃いムダ毛は毛抜きを使って処理をしたり、ワックスや除毛クリームを使用したケアも手軽に行うことができます。

しかしながら、生えてきたものを処理するだけでは延々と繰り返すことになり、ほぼ毎日のように行う自己処理を手間に感じているかたも多いでしょう。根本的にムダ毛を生えてこないようにしなくては、この先何年、何十年とこの作業に時間をかけていくことになります。

ですから、高校生という早い段階で脱毛サロンで施術を受けるというのはメリットが豊富です。学生時代であれば時間も作りやすく、定期的に通わなくてはならない脱毛サロンでも学校帰りなどに利用しやすいという点が便利です。

何よりもコンプレックスだったムダ毛がなくなるだけではなく、カミソリの剃り痕や毛穴のブツブツも解消でき、自信が持てるツルツル肌を手にすることができます。

敏感な年頃だからこそ、見た目に関するストレスがなくなるのは快適な学校生活を送る上ではかなり重要です。

自己処理は見た目こそ綺麗に整えられるものの、肌にはかなりの負担をかけてしまいます。カミソリを使用すれば肌表面の角質が剥がされて、乾燥をしてしまいやすい状態になりますし、毛抜きは無理矢理生えているムダ毛を引っこ抜くことで毛穴が開き、中に雑菌が混入しやすくなるのは危険です。

ニキビのような湿疹ができる毛嚢炎の原因となる菌は皮膚の常在菌ですので、誰でもかかる可能性がありますし、自己処理で肌を傷つけ続けている限り常にリスクが付き纏うというのも問題でしょう。

また、傷ついた肌を守るためにメラニン色素が生成され、色素沈着の原因になるという点も考慮しておく必要があります。

ワキやヒザ、ヒジといった皮膚の薄い部位は特に黒くなりやすいため、この先何年もカミソリや毛抜きを使い続けて色素が沈着しやすい状態にしておくよりも、原因となるムダ毛処理の必要がなくなるように脱毛してしまえばメリットが多いのです。

ただし、脱毛のタイミングは身体が成長しきってからがおすすめです。脱毛サロンの施術に関しては、未成年だからといって悪影響を与えるものではありません。

しかし、成長途中にある場合にはホルモンバランスが安定しておらず、大人になるにつれて増えていくムダ毛に対する脱毛効果が薄くなってしまう可能性があります。

一口に高校生といっても成長度合いには個人差もあるでしょう。基本的には生理周期が安定していることワキ毛やデリケートゾーンのムダ毛が生え揃っていることを目安にして脱毛を開始するのがベストです。

第二次性徴期を迎えた後、ムダ毛が生えきってから脱毛を始めることで、無駄なく効果を得ることができます。

 

女子高生が脱毛する際に注意すべき点

また、高校生が脱毛する上での注意点があります。施術を受けている最中は日焼けが厳禁です。

体育の授業で炎天下の中肌を晒す機会が多かったり、プール実習がある、登下校時も日傘を使用しにくいなど、高校生の場合には大人に比べて紫外線に晒される機会が増えてしまうという点はくれぐれも気をつけておきましょう。

日焼けをしてしまうと施術を受けられなくなったり、施術後に敏感になっている肌を傷めてしまいます。念入りに日焼け止めを塗ること、なるべく長袖を着て対処するなど工夫をしていくようにしてください。

昨今、高校生の脱毛は珍しくなくなりました。時間がある若いうちに施術を開始するというのは賢い選択になります。

しかし、高校生だからこそ配慮しておきたいこともありますので、保護者と、そして脱毛サロンのスタッフとよく相談をしてから脱毛をするのが賢明です。

脱毛サロンをチェックするならこちら⇒ 未成年でも脱毛できる | 中学生や高校生におすすめ脱毛サロン

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ