後悔しない脱毛をはじめよう!脱毛方法による違いとは

erabikata

脱毛サロンをどのように選べばよいのか知っていますか。
自分の思うような脱毛ができる方法を選ばないと、後悔することにもなりかねません。

脱毛方法の違いや選び方などを知り、ムダ毛のないツルスベの美肌を目指しましょう。

脱毛効果に違いはあるの?脱毛方法の種類と選び方

脱毛方法の種類によって脱毛効果に違いがあります。
痛みや回数などにも違いがあるため、理解しておくことで思うような脱毛を選びやすくなります。

脱毛方法は、医療レーザー脱毛、ニードル脱毛、フラッシュ脱毛の3種類です。

クリニックやサロンで受けられるニードル脱毛

他の脱毛方法は肌の表面にレーザーや光を照射しますが、ニードル脱毛は毛穴の入り口にニードルを当てて電気を流す脱毛方法です。ダイレクトに1本ずつ脱毛していきます。

歴史の長い脱毛方法であり、3種類のなかでは効果が1番高いです。効果が高いため、痛みはとても強いです。我慢できずに辞めてしまう方もいます。1本ずつの処理になるため、広範囲ではとても長い時間がかかってしまいます。料金も高いです。

現在では医療脱毛の方が選ばれています。しかし、医療脱毛完了後の残った毛を脱毛したり、男性のヒゲをデザインするときに使われたりしています。

また、ワキなどの狭い範囲に数本しかムダ毛がない方は、効率的に脱毛ができるためニードル脱毛を選ぶ方もいます。

サロンで受けられるフラッシュ脱毛とは

医師や看護師のいないサロンでも受けられる肌に負担の少ない脱毛方法です。痛みがほとんどないことがメリットですが、効果も低いことがデメリットです。

他の脱毛方法は完了後にほとんどムダ毛が生えてきませんが、フラッシュ脱毛は再びムダ毛が生えてしまうことがあります。毛を減らして生えることを抑制するという脱毛方法です。

しかし、くり返し施術を受けることでムダ毛が生えなくなったという方もいます。痛みが少ないことはもちろん料金が安いことも大きなメリットです。

1回あたりの料金が安く、学生さんでも通いやすいことが魅力です。
しかし、回数は医療脱毛の3倍くらいが必要だといわれています。

また、脱毛完了後にムダ毛が生えてくる可能性を考えると、トータル的には安いとはいえません。

クリニックで受けられる医療レーザー脱毛とは

医療機関でしか受けられない、効果の高い脱毛方法です。
効果が高いため、脱毛には痛みを感じる方がほとんどです。

医療機関で受けられることから、麻酔を使用してもらうこともできます。

また、最近ではメラニンに反応させる従来の脱毛機とは仕組みの違った痛みの少ない脱毛機も登場しています。

料金が高いといわれていますが、少ない回数で終わり、脱毛完了後にほとんど毛が生えてくることがないため、コスパ的にはよいといえるでしょう。

1回あたりの料金は高いですが、トータル的に考えると他の脱毛方法よりも高いとはいえません。

また、医療脱毛は万が一肌にトラブルが起きた場合、すぐに診察や薬の処方ができるため安心感があります。

フラッシュ脱毛は医師のいないサロンでの脱毛なので、提携しているクリニックへ行かなければなりません。

脱毛方法の選び方

1回あたりの料金を安く抑えたい方はフラッシュ脱毛がおすすめです。

回数が多くなるため、通い続けやすいサロンを選びましょう。痛みのほとんどない脱毛をしたい方はフラッシュ脱毛がよいでしょう。

おすすめの脱毛サロンはこちら⇒ 未成年でも脱毛できる | 中学生や高校生におすすめ脱毛サロン

しかし、最新の医療脱毛は痛みが少ないといわれています。お試し体験のキャンペーンなどを利用して、2つの脱毛方法を検討してみることをおすすめします。

効果の高い脱毛をしたいのであれば医療脱毛にしましょう。数本のムダ毛しかない場合はニードル脱毛もおすすめです。

医療脱毛は少ない回数で終わり、完了後に生えてくることもほとんどないため、将来的に考えると料金を抑えることができます。

医療脱毛は実績の多いメラニンに反応させる従来の脱毛機と、痛みが少ない最新の蓄熱式脱毛機があります。蓄熱式脱毛機は新しいため、実績が少ないというデメリットがあります。効果を感じている方も多いですが、心配な方は従来の脱毛機を選ぶとよいでしょう。

また、従来の脱毛機もどんどん新しくなり、ひと昔前に比べれば痛みの少ない脱毛ができるようになってきています。

自分がどのような脱毛をしたいのかを明確にして、後悔のない脱毛ができるようにしましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ